?

Log in

 
 
07 January 2016 @ 02:59 pm
"GOD" from Islamic point of view  
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において

In the name of Allah, the Most Gracious, the Most Merciful



あなたの上にも平安とアッラーの慈悲と恵みがありますように

May God, Allah's peace, mercy and blessing be upon you.



最近色々考えて、忘れる前に書きたいと思います。

I've been thinking about various things lately, before I forget, I'd like to write them down.



イスラム教の観点から、「神さま」の定義を少しお話していただきたいと思います。

I'd like to talk about the definition of "GOD" from Islamic point of view.



P/S: この記事は完全にイスラム教の観点からの話だけです。他宗教に全く関係ありません。

P/S: This is solely the definition of "
GOD" from Islamic point of view, nothing to do with other religions.



イスラム教は神さまを「アッラー」と呼びますが、「アッラー」はアラビア語で「」という意味です。

In Islam religion, God the Almighty is called as "ALLAH", though it might sound like a name, it actually means "GOD" in Arabic language.



ムスリムはこの世の中存在しているもの全ては唯一なる神さま創作主に創られたと信じます。

Muslims believe that everything exists in the universe is created but the One and Only Almighty Creator.


神の定義は(聖コーラン・スーラ・アル・イフラース(誠実)・第112章)

The definition of "GOD"given in Holy Quran, Surah Al-Ikhlas, Chapter 112, Verse 1-4;





① アッラー唯一なる

He is Allah , who is One



② 自存され

Allah, the Eternal, Absolute



③ 御産みなさらないし,御産れになられたのではない

He neither begets nor is born



④ かれに比べ得る,何ものもない

And there is none like unto Him



アッラーはとても慈悲あまねく慈愛深き主です。

Allah is the Most Gracious, the Most Merciful.



聖コーランは114章がありますが、ひとつひとつの章はこの↓のアヤーから始まる。

There are 114 chapters in Holy Quran, and every chapter start with this verse:





慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において




どの罪を起こしても、改悛したら、創作主、アッラーは許してくれるのはずです。

Allah will forgive any sin He will if a person repents to him.



まるで、こどもを厳しくかわいがってる親のようです。

As if a strict yet loving Parent.



例えば、

For example,



親は外は危険だから、家から出てはいけないと息子に教えた。

When a father tells his son not to go outside because it's dangerous,



でも、息子は自分の意志で家から出ていた。

but, the son on his own will decides to go against his father and goes out.



親は息子の帰りを待つだけでした。

The father waits for his son's return patiently.



色々悪い経験して、悪いことをやって、何年あとに息子は反省して家に帰ったら、親は喜んで抱いてくれるでしょう。

Had been doing and experiencing bad things, after few years, the son repents and come home, and the father hugs his son in joy.



罰せずに、説教せずに、ただただ息子の帰りを願っていただけです。

Without punishing him, or scolding him, the father just wants his son to return to him.



何数年も、何数十年も慈悲あまねく慈愛深き神さまは私たちを許すように私たちの帰り(改悛)を待ってる。

The Most Gracious, the Most Merciful the Almighty is always welcoming our return (repent) no matter how many years it takes us to repent.



どんな罪深い人でも、命がある限り、改悛チャンスがある。

No matter how much sins a person has done, as long as he is alive, there is a chance for him to repent.



慈悲あまねく慈愛深きという言葉を読んだら、なんだか心が暖かく、神さまの愛情、神様が与えてくれた恵みを感じます。

Reading the word "the Most Gracious, the Most Merciful" make my heart warm, overflowing with feelings of the love of the Almighty God, the blessings He's given us .





聖コーラン・第112章・第1節








もし神々がいたら、喧嘩になるでしょう。

If there are gods, might there be quarrel between them?



国は10人の総理大臣がいたら、どうなるんでしょう?

What will happen to a country if there are 10 prime ministers?



喧嘩になるのかな?

Might they be quarreling with each other?



「私のほうが偉い」「いや、NO.1は私のはずだ」と、

"I'm greater!" "No, I'm No.1!"



人間だって意見があわないじゃないんですか?

even humans don't have same opinions.



神々は意見を交わすときに喧嘩はしないのかな?

Would the gods quarrel when exchanging opinions?



人間だって、国と国の間に自分が一番だ、最強だと、他の国をなめて、お互い喧嘩するでしょう。

Even humans are fighting each other among countries.



「うちの国は原子力を作れるから、うちのほうが最強だ!」

"We have nuclear bomb, we are the strongest!"



「うちの国だって作れるよ、だったらなんだ!?」

"Our country can also make a nuclear bomb, so what!?"



結果的には苦しくなるのは何も力がないの人々です。

In the end, the powerless people will be the victims.



もし神々も喧嘩をしたら、世界は滅ばないのかな?

Would the world be not destroyed when the gods quarrel?



もしその神々は人間と違って、分かり合えたり、助け合ったり、妥協する神々だとしたら、
If the gods are unlike human, they can understand, help and compromise with each other,



なぜ人間はそんな神々を真似するとはしないの?

why don't human imitate such gods?



偉い神々は妥協することができるのならば、

if gods who are greater than human can compromise,



なぜ同じ力不足の人間でありながらお互い分かり合えない、妥協しないの?
why a powerless human can understand and compromise with the same human as he is?



私だったら、そんなの偉いお方々を尊敬し、真似したくなる。

I myself, would try to imitate if I see such great and admirable persons.



人間は神々より偉いのか?

Or is it that humans greater than those gods?



と... 

as such,



もしひとつ以上に神々がいたら、色んな疑問が出てくるだろう。

if there are more than one God, perhaps a lot of questions may come up.



だから、ムスリムは私たちを創った、唯一なる創作主に提出する。
So, we Muslims submit to the One and Only Creator.




聖コーラン・第21章・第22節












聖コーラン・第112章・第2節








アッラーは自存され

Allah, the Eternal, Absolute



自存というのは他の力に頼らず自らの力で生存していくこと。

Self-existence means to exist without any help of other power



もし、

If



神はまた別な御方に創られたら、

god is created by other power,



その神を作った御方だって、また別な御方に創られて、また創られて... また創られて...

the other power that create god must be created by something else, and be created by, be created by...



結局、神さまは

In the end, is the God



数え切れなく創られた神なのか

is an "endlessly be created by" god, or



創られずに自存され唯一なる創作主なのか?

not be created, yet self-exists, the One and Only Creator?



そんな考えるのは面倒くさいと私は思う。

It's such a confusing things, at least for me



だから、ムスリムは唯一なる創作主アッラーに提出する。

So, Muslims only submit their will to Allah, the One and Only Creator




聖コーラン・第112章・第3節





もし、

If



神さまは御産みなされたら、

god begets



お嫁さんもいるのかな?

I would wonder whether He has a wife or not?



子孫がいるのかな?

whether He has descendants or not?



もし私たちは神さまの産みなされた子供だとしたら、みんな兄弟ではありませんか?なぜ分かり合えない?

If some people say we are the begotten children of god, then, everyone is brothers, why can we come to understand each other?



もし、

If



御産れになられたら、

god is born,



神の親がいるならば

if there is the father of god,



お爺さんがいるのかな?

I wonder if there is the grandfather of god too?



またご先祖のご先祖もいるのかな?

and the ancestors of ancestors of god...?



と終わらない神さまの一族の家系図を考えしちゃいます。

as such, I might end up thinking of the endless family tree of god.



だから、ムスリムはアッラーは自存され、御産みなさらないし,御産れになられたのではないと信じる。

So, Muslims believe that Allah is the Eternal, Absolute, He neither begets nor is born.




聖コーラン・第112章・第4節




ムスリムはの偶像を作ってはいけないです。

Muslims is forbidden from creating an image of God.



もし、神の偶像を作ったら、

If god is made into an image/ idol,



お金がない人たちは石で偶像を作る

Poor people will make their god's stature from rock



お金持ちの人たちは金で偶像を作る

Rich people will make their god's stature from gold



同じ神なのに別々な偶像を見ると、

When one sees the same god but in different type of stature,



「あ、この偶像はキレイ」

"Ah, this stature is beautiful"



「あ、この偶像はちょっと... 古いな」

"Ah... this stature looks a bit... old"



と思うことにならないのかな?

I wonder would a person not think like that?



そーゆーふーに思ったことあるのならば、

and if a person ever thinks like that,



それは神さまに屈辱になると私は思います。

isn't it a disgrace to the God?



また、人間の間にも

And, even between humans,



「わしの偶像は金で作られて、わしこそがより一層いい信者であり、豊かな天国にいける」と

"My stature is made of gold, I'm a greatest believer, I'll be able to go to the highest Heaven"



またお金がない貧民たちをなめるだろう。

Perhaps the rich will bully and insult the poor.



だから、ムスリムは、何ものに通じせずに、直接に神さまに礼拝することにします。

So, Muslims pray directly to the Almighty God, without using anything as a transmitter



ムスリムは神さまに祈りたかったら、ウドゥ(礼拝をする前に体の部分を洗うこと)をして、どこでも礼拝をすることができます。

If a Muslim feel like praying to go, just take wudhu' (ablution) and just perform a prayer, anytime, anywhere.



礼拝とは神さまにお話をかけるようなことです。

Prayer is as if you're talking to the Almighty God.



直接に話したら、神さまは自分に近~いと気がする。

If we talk direct to the Almighty, without any medium in between us and Allah, it make we feel so close to the Almighty,




聖コーラン・第3章・第64節









創作主はどの罪でも改悛したら許してくれるけど、

The Creator, Almighty God will forgive any kind of sins but,



創作主である神さま以外のものに崇拝することだけが改悛しない限り、許してくれないのです。

for the sin of associating partnership will Allah, unless one repents, he won't be forgiven.



社長のあなたは、

If you're the boss, and



部下は同じくあなたの部下である他の人に優しくしたり、

A subordinate of yours is so kind to the other people whom are also under you,



命令を従ったりするけど、

and obey those subordinates' commandments, but



あなたの命令だけが従わなかったら、

he never obey your commandments, who is his boss



どーゆーふーに感じますか?

What do you feel?



その部下をクビにしたくなるはずだろう?

wouldn't you feel like firing the subordinate?



どんな優秀でも、社長の命令・アドバイスに従わない部下より、

Rather than an excellent subordinate that disobey the boss,



過ちを起こしても、まだ社長の命令・アドバイスに従う部下のほうがマシだろう。

a subordinate that does a lot of mistakes, yet still obeying the boss, perhaps is better.



説明するうちに傷つく言葉も言い間違ったかもしれませんが、決して悪気はありません。

There might be hurting words by mistakes while trying to explain, but I didn't mean it in a bad way.




傷つけられたら、本当に心から謝ります。

I apologize if it hurts anyone.


すみませんでした。

I'm sorry.


では、わざわざ時間を費やして読んでくれてありがとうございます。

Thanks for spending your time to read this.


皆さんは
創作主に導かれますように。

May the guidance of the
Creator be upon you.